東方神起85万歴代最多記録もう一度!

2013081801000653900036951_59_20130819080503

‘韓流キング “東方神起は日本最高の舞台スタジアムを占領して、もう一度最初で最大の記録を樹立した。
東方神起は17日、2002年の日韓ワールドカップの決勝戦が開かれた横浜港北区の日産スタジアムでなんと7万2000人余りのファンが殺到した中、’東方神起ライブツアー2013″のフィナーレを飾った。 1998年日産スタジアムがオープンして以来、この舞台を踏んだ海外の歌手は東方神起が初めてだ。 4月から18日まで総18回の単一公演で韓国歌手としては歴代最多観客数である85万人を動員し、870億ウォンの総入場券収入も獲得した。猛暑の中、午前から並んだファンは1,2階スタンドと芝生の球場の上に設けられたスタンディング席まで7万2000席をぎっしりと埋め尽くす壮観を演出した。生まれて初めてスタジアム舞台に上がった東方神起は、”私の目のように多くの人を入れて見るのは初めてだ。私たちの生活の中であまりにも特別な日だ”と感激を伝えた。

2013081801000653900036953_59_20130819080503

◇7万起立、7万曲”これが東方神起だ”

この日の公演は、通常の公演とはスケールからが違った。 7万人を超える観客が舞台を見ることができるようにするために横95m、高さ22mのメインステージに合計5つの巨大スクリーンが立てられ、反対側にも横19m、高さ9mのスクリーンを立てた。メインステージを中心に長方形で総4ヶ所の舞台を接続してメンバーは総120mに及ぶステージを行ったり来たり行き来しながら動いた。

2013081801000653900036952_59_20130819080503

今年3月に日本で発売したアルバム”タイム(Time)”をテーマに、東方神起の過去と現在、未来を表現した舞台は壮大することで視線を圧倒した。メインステージの両側にロケットを連想させるエレベーターが設置され、ステージの前後を行き来するモノレールは、船の形の移動車が、ステージの下には、スクリーンを装着した巨大移動車が準備された。事前に観客席に配置された腕時計は、音楽に合わせて色が変わり、チラ観客席まで一つの画像に移動する壮観を演出した。圧倒的なスケールを活用した感覚的な舞台演出も目立った。舞台の前と後ろが突出して回転すると、横の舞台と四隅にもリフトを設置して水平方向と垂直方向にステージを活用して、観客たちの弾性を催した。

2013081801000653900036958_59_20130819080503

東方神起はこの日午後5時30分から200分のアンコール曲までなんと26曲の歌でファンを熱狂させた。東方神起の海外アーティスト史上最多の12回目のオリコンウィークリーシングルチャート1位を抱かれた’タイム’の収録曲’Y3K’、’さらに、ヒューマナノイズ(Humanoids)’、’ラッキータトタト(Rat tat tat)”、”ワンモアシング(One more thing)”、”キャッチミー(catch me)”など10曲と、2011年9月に発売した”トーン(Tone)’の収録曲’スーパースター’、’デュエット’など3曲、日本で空前のヒットを打った”ハートマインドアンドソウル(Heart mind and soul·2006)、”サマードリーム(Summer dream·2007)、 “パープルライン(Purple line·2008)など数々のレパートリーに、ファンは熱烈な歓呼を送った

2013081801000653900036956_59_20130819080503

◇デビュー10年東方神起 “奇跡のような舞台、夢が現実になった”

35度に迫る猛暑の中で渾身の力を注いだ公演を終えた東方神起は、上記した顔で記者会見場に入った。大きなサイズのステージを終始走り回っのに体は疲れた状態だったが、明るい笑顔に満たされるということがあふれていた。
東方神起のチャンミンは、 “非常に幼い時から夢見てきた5大ドーム(札幌ドーム、名古屋ドーム、福岡Yahoo! JAPANドーム、大阪京セラドーム、東京ドーム)ツアーを終えるやいなやスタジアムライブとそこまで思いもよらない夢を実現することができ、本当に嬉しい。子供の頃、サッカーの試合を見ていたところにファンが林立ちゃんの姿が壮観だった。私の目のように多くの人を入れたことがあっただろうと思う。ただ素晴らしいという言葉で定義することができないほど貴重な経験だった “と話した。
東方神起は、2005年4月27日に日本で正式デビューした。した大学の小ホールで素朴な初舞台を叱ってリョトドン彼らは8年ぶりに7万2000人を目の前に置く奇跡のような経験をしたわけだ。
デビュー10年を控えているが、日本では東方神起のファン層は、継続的に大きくなっている。これに対して、ユンホは “私たちはどんな舞台でもその瞬間を楽しんできました。小さな公演を熱心にこなして、中型の公演もして、だんだん移り、新たな魅力を見つけて行って見たらここまできた。最近になって、男性ファンの反応が熱くなって、公演の家族、友人、恋人たちが一緒に来ることが増えた。マニアの公演を超えて東方神起の公演が一つのショーになり、これを楽しんでいただくようとても良い “と話した。
来る12月26日には韓国デビュー10周年を迎えた。ユノ·ユンホは “具体的な話はまだないが、10周年記念コンサートやイベントを考えている。東方神起の新しい面をたくさん見せることが私たちの課題だ。良いことよりも密度のあるアーティストがなるのが重要なようだ。多くの後輩たちの模範となる歌手として挑戦を続けたい “と話した。

2013081801000653900036957_59_20130819080503

◇また覚めた!単一の公演最大85万人、売上高が870億ウォン
東方神起はこの日の公演を含め、17日、18日の二日間の公演で14万4000人の観客を追加しながら、自分たちのこれまでのツアーの記録である55万人の観客動員数をもう一度突破した。去る4月27日さいたまスーパーアリーナを皮切りに5大ドーム、日産スタジアムまで続いた18回日本公演の観客数はなんと85万人。東方神起シングルツアー史上最大規模であり、歴代韓国歌手をあわせて最多観客数だ。公演の総入場券収入が870億ウォンで、グッズ(公演関連商品)の販売を含めると、総収入はさらに増えるものと見られる。
日本で8年間最上の歌手として君臨してきた東方神起は、パフォーマンスと楽しみで他の追随を許さない段階ではまだ成長しているファン層を作っている。現場で会った日本ファンたちは大部分2〜3年のファンで、一様に “東方神起は日本で既にアイドルを超えた”と評価した。
神戸から来た母娘ファン大熊(49·女)さんと娘(19)は “昨年、東京ドームで開かれたKBS2 ‘ミュージックバンク’舞台を見て二人でファンになった。日本語がこれほど流暢で日本での活動を正常にする歌手は珍しい。外国の歌手が日産スタジアムに立つのは初めてだが、ファンとしては本当にうれしい “と愛情を表現した。
東方神起の公演のTシャツを着た10代の男性ファンも発見することができた。栃木県から来た高校生鈴木君、小林(以上17)君は “2年前からファンになった。舞台でパフォーマンスがとてもクールです。日本で活動する韓国アイドルが多いが、断然東方神起は最高だ “と述べた。
東方神起の日本デビューから一緒にしてきたエイベックスライブクリエイティブのキークタ陽子さん(34)は “東方神起は本当に小さな会場で始めて唯一の公演を通じて感動を抱かれて、これを見た観客たちが周りの友人や知人を連れてきて、現在の席まで上がるようになった。単に流行やメディアの力ではなく、メンバーたちの情熱とパフォーマンスの完成度で出した成果と、より意味がある “と評価した。

 提供SMエンターテイメント,sportsseoul

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>