BIGBANG(ビッグバン)!ソロ連続出撃’ビッグバン、ライバルはビッグバン仲間だ

2013082111281323664_1

国内外でも人気を博している5人の男性アイドルグループビッグバン(G-Dragon太陽タワー大勝利)。

最近デビューが7周年を超えたビッグバンは今まで一度も触れていなかった状況をすぐに迎えることになる。 5人のうち、およそ3人のメンバーが同時に国内でソロ歌手として活動を繰り広げることになる。しかし、ビッグバンメンバーたちは負担ではなく、喜んでそれを楽しもうとしている。お互いに善意のライバルと考えながら。

ビッグバンの末っ子スンリは去る19日午後12時(韓国時間基準)ミニ2集 ‘レッツトークアバウトラブ(Let’s Talk About Love)’を国内外の音楽サイトで公開した。

‘レッツトークアバウトラブ “のアルバムは、ベールを脱ぐやいなや、香港、マレーシア、インドネシアマカオ、台湾、タイ、シンガポール、ブルネイの海外の多くの国のiTunesメインのアルバムチャートのトップアルバムズチャート1位を上がった。

勝利のソロミニ2集タイトル曲 ‘言うことだ “また、公開三日目は右の21日午前現在までに国内主要音源チャートのトップを維持している。

今年の下半期に始まったビッグバンメンバーたちのソロ歌手出撃を末っ子スンリがほてるように装飾されたわけだ。

ビッグバン所属会社YGエンターテイメント(以下YG)側は21日スターニュースに “勝利は、今回のアルバムを作ってソロアルバムではあるが、ビッグバンの名前も考えていた”とし “今回のソロアルバム作業にさらに力を入れた理由の一つ”と伝えた。

YG側は引き続き “勝利だけでなく、すぐにソロアルバムを出すかドラゴンの太陽も同じ気持ち”としながら “ビッグバンメンバーたちは、仲間のメンバーが線の音楽ライバルであるわけ”と伝えた。

YG側は “ビッグバンメンバーたちの間で音楽の善意の競争は、お互いを発展させ、アルバムをより一層熱心にしている”とし、 “もちろん、メンバーたちの間の粘着性がある友情が最初だから、いつでも必要に応じて相互にメリットを与える”と伝えた。

実際にビッグバンのG-DRAGONとテヤンは弟の勝利のソロミニ2集トラック1 ‘レッツトークアバウトラブ “にフィーチャリングで参加し末っ子の勢いを祈願した。そして、この曲は公開直後、海外8カ国のiTunesのメインのシングルチャートのトップシングルススvol.2部門ランクイン(200位)に進入する成果を上げた。

ビッグバンメンバーたちの厚い友情を感じることができる部分だ。

先に勝利は最近、自身のフェイスブックに “今回のアルバムは全曲作詞、作曲に参加したが、最終的にビッグバンの音楽”としながら “私は8年間、先輩のメンバーG-DRAGONがプロデュースしたビッグバンの音楽を聞きながら育ってきた彼の音楽から影響をたくさん受けて多くを学んだ “とし、G-DRAGONに感謝の気持ちを表わした。

勝利はまた、 “他のメンバーたちからも多くを学んだ、そのすべてをこのアルバムに入れたかった”と言いながら “ビッグバンの最年少メンバーとして憧れの先輩メンバーたちに恥ずかしくないアルバムを作りたかった”と付け加えた。

勝利の成功バトンは、今回はチームのリーダーであり、プロデューサーであるG-DRAGONが引き継ぐ。

G-DRAGONは、今月末中にソロ正規2集を発表する。 Gドラゴンは当初、自分の誕生日である今月18日ソロ正規2集を発売するという計画を立てたが、仕上げ作業に心血を傾けながら、当初の予定より少し遅れて、新しいレコードを私にされた。

G-DRAGONも勝利と同様に、自分のソロ正規2集アルバム全体プロデューサーを直接担当した。今回のアルバムには、世界の女性ラッパーミッシーも参加期待感を一層高めている。

Gドラゴンは、ニューアルバム発売直後の今月31日と9月1日の二日間ソウルオリンピック体操競技場で単独の単独コンサートも行う。

9月初めには歌とパフォーマンスの両方に可能な太陽がソロ正規2集を発表する。

太陽は長い間、韓国と米国を行き来しながら、多くのミュージシャンたちとの新しいソロ正規アルバムを作業をしてきた。太陽も、今回のアルバムの全体プロデュースを直接担当している姿を見せた。彼が新しいソロアルバムに多くの念を入れたことを知っているところだ。

このようにビッグバンメンバーたちは相次ぐソロ歌手出撃中にお互いがお互いに善意のライバルであり、信仰をくれる仲間に近寄っている。ビッグバンメンバーたちのソロアルバムに期待がより大きくなる理由だ。

スターニュース提供

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>